小顔に見える髪型!前髪の分け目の位置が重要!【林先生が驚く初耳学】

シェアする

小顔に見える髪型は、
前髪の”分け目”が重要だった!

9月11日のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
小顔に見える髪型の分け目の法則
について放送されていました。

美容師が駆使しているという、
『小顔に見える髪型の分け目の法則』
についてまとめてみました!

スポンサーリンク

小顔に見える髪型は前髪の”分け目”が重要!

美容室では、スタイリングがバッチリ決まっていたのに、
翌日、家ではうまく再現できないことってありますよね!

今回の「林先生が驚く初耳学」では、
「美容師が駆使しているのに、あまり教えてくれない
日本人に似合う分け目の法則」
について、教えてくれました!

この法則を実践すると、
日本人に最適なスタイリングになり、
なんと、“小顔効果”もあるというのです!

美容室では、スタイリングが上手く決まっているのに、
自分でやるとスタイリングが決まらないのは、
前髪の分け目の位置がズレているから!

たった数mmズレるだけで、
印象は大きく変わってしまうといいます。

日本人の頭の鉢(頭まわり)は、
西洋人と比べると大きいことはご存知ですか?

<頭蓋骨の形>
・西洋人…縦に細長い形状

・日本人…頭の鉢(頭まわり)が横に広がっている

ws000011

そのため、髪型を真ん中分けにすると、
正面から見た場合、頭の鉢(頭まわり)の部分の髪の毛が
横に広がってしまい、顔を大きく見せてしまう傾向があります。

美容院では、その日本人特有の頭の形を
カバーしながら小顔に見える分け目を作り、
スタイリングしてくれるので、
バッチリ決まっているという訳です。

小顔に見える髪型テクニック!前髪の分け目の位置!

前髪の分け目の位置を、黒目の外側の延長線上に作る!

ws000012

黒目の外側に分け目を作ると、
自然と頭のトップにボリュームが出ます。

その結果、日本人特有の頭の鉢(頭まわり)の
膨らみを利用しながら、ひし形を作れるので、
シルエットを細く見せる“小顔効果”が生まれるのです。

スポンサーリンク

まとめ

小顔に見える髪型は、
前髪の”分け目”が重要だった!

9月11日のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
小顔に見える髪型の分け目の法則
について放送されていましたので、

美容師が駆使しているという、
『小顔に見える髪型の分け目の法則』
についてまとめてみました!

前髪の分け目の位置、
いつも悩んでいましたが、
“黒目の外側の延長線上に作る”事が重要だったんですね!
今後は、ぜひ実践したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする