桐山秀樹 Wiki風プロフィール【画像】糖質制限ダイエットの第一人者とは!

シェアする

今大人気の『糖質制限ダイエット』!
CMで話題の「RIZAP(ライザップ)」などでも、
取り入れられたダイエット方法です。

そんな『糖質制限ダイエット』の第一人者である
桐山秀樹さんが死去されたということで、
改めて、桐山秀樹さんと『糖質制限ダイエット』について、
調べてみました。

桐山秀樹さんのwiki風プロフィール
画像などもご紹介します。

スポンサーリンク

桐山秀樹さんのwiki風プロフィール!

桐山秀樹
出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/459548

『糖質制限ダイエット』の第一人者である桐山秀樹(きりやま ひでき)さん!
どのような人物だったのでしょうか?


1954年生まれ。
62歳の若さでこの世を去りました。

愛知県名古屋市出身で、
大学は、学習院大学法学部政治学科を卒業されています。

とても頭の良い方だったんですね。


雑誌記者を経験した後、
フリーに転身し、ノンフィクション作家として活躍されます。

ホテル業界、旅行やリゾート、レストランなどといった
サービス業のビジネスに造詣が深く、
『ホテル戦争』などの著作が有名です。

「食」に関する分野にも精通しており、
グルメ雑誌などでもお仕事をされていた事も原因していたのでしょうか。
なんと、50代にして体重90kg台のメタボとなってしまいます。

元々、桐山秀樹さんは、子供の頃からポッチャリとした体つきで、
痩せてスマートだったときはなかったそうで、
90㎏台という体重にも、仕事が忙しいせいだと、
半ば諦めてしまっていたと言います。


しかし、2010年に糖尿病と診断されてしまったことで、
桐山秀樹さんの人生は一変してしまいます。

糖尿病にも、1型、2型などありますが、
日本における糖尿病患者の約95%は、
2型糖尿病と言われています。

桐山秀樹さんは、糖尿病の克服のために、
京都府にある高雄病院の江部康二医師の著書にある、
米やパンなどの主食(炭水化物)を抜く
「糖質制限食(糖質制限ダイエット)」にチャレンジ!

なんと、たった3週間で20キロのダイエットに成功!
大減量を果たします。

厳密には、糖尿病は一度なると完治はないと言われていますが、
桐山秀樹さんは、このダイエットにより、
3ヵ月ほどで血糖値、他の糖尿病を示す数値も下がり、
非常に良い状態になったといいます。


このご自身経験から、
糖質制限ダイエットの第一人者として、
「おやじダイエットと呼ばれるを組織を結成。

中高年向けのダイエット支援本なども、
数多く出版されていました。

糖質制限のことを桐山秀樹さんは、
「断シャリ」(※シャリ=ごはん)とも呼んでいましたが、

『ダイエット=ひもじい、おやじ=つまらないという概念を打ち破って、おいしく、おしゃれに“断シャリ”ライフを楽しんでいきたいですね。』

生前に、このようにおっしゃっていたのも、
非常に印象的でした。

スポンサーリンク


しかし、2016年2月6日に、突然の死去。
死因は、心不全でした。

奥様の吉村祐美さんが、
公式フェイスブックやツイッターで報告されています。

奥様の吉村祐美さんは、
文芸評論家・エッセイストをしていらっしゃるそうです。

まとめ

大人気の『糖質制限ダイエット』
の第一人者である桐山秀樹さんが死去されたということで、
桐山秀樹さんのwiki風プロフィールや
画像などをご紹介しました。

改めて、桐山秀樹さんと『糖質制限ダイエット』について、
調べてみると、糖尿病がきっかけで始められたということですが、
「おやじダイエット部」の結成など、桐山秀樹さんの姿に、
多くの中高年の方々が励まされて、勇気をもらっていたのだと、
非常に気づかされました。

桐山秀樹さんの突然の死因が、
『糖質制限ダイエット』と因果関係があるかのような、
報道も多々あるようですが、実際は基本的に無関係であり、
私は、桐山秀樹さんのダイエット民への功績は
非常に大きいものだったと思います。

『糖質制限ダイエット』の第一人者である、
桐山秀樹さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする