毛細血管はヒハツでゴースト化改善&若返り【主治医が見つかる診療所】

シェアする

『毛細血管』のゴースト化改善で、
10歳若返り!

11月7日のテレビ東京「主治医が見つかる診療所」では、
10歳若返るぞプロジェクトで、
『毛細血管』について放送されていました!

大桃美代子さんも挑戦!
・毛細血管チェック方法
・毛細血管のゴースト化
・毛細血管の改善食材「ヒハツ」
について、まとめてみました!

スポンサーリンク

『毛細血管』のゴースト化について!

『毛細血管』のゴースト化改善で、
10歳若返り!

『毛細血管』は、体や肌の老化、
肩こり、腰痛、冷え症など、
体の色々な不調に大きく関わっているという、
医療の世界で、大注目されている血管です。

つまり、『毛細血管』を正しくケアすれば、
老化防止にもつながるというのです。

「正常な毛細血管」は、
ほぼ等間隔に並んでいて、真っ直ぐに伸びています。(↓)

しかし、毛細血管が無くなる
「ゴースト化」という現象が起きると、
十分な酸素や栄養が届かなくなり、
老廃物も排出されずに溜まってしまいます。

「不定愁訴(ふていしゅうそ)」などの
体の不調を抱えている人は、
毛細血管が減っている場合も多いといいます。

(※「不定愁訴」とは、何となく体調が悪いという自覚症状はあっても、
検査では原因となる病気が見つからない状態の事)

加齢と共に、『毛細血管』は、
どうしても減ってきます。

「ゴースト血管」とは、
本来ある毛細血管のU字の形の所が減ってしまって、
おばけのように無くなってしまった事をいいます。

「ゴースト血管」になると、
栄養や酸素が不足した状態で、
冷え、むくみ、目のクマなどが起こりやすくなります。

また、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、がんなど、
重大な病気を引き起こす可能性もあるのだそう。

<毛細血管がゴースト化すると…>
・冷え
・シミやシワ
・肩こり
・薄毛や白髪
・心筋梗塞
・がん

「ゴースト血管」により、体の老化や危険な病気まで、
様々な不調を引き起こす可能性があるのです!

スポンサーリンク

『ゴースト血管』簡単チェック方法!

自宅で簡単に簡単に出来る
『ゴースト血管』チェック方法です!

■質問編

①最近白髪が増えた

②目が疲れやすくなった

③目の下にクマができやすくなった

④体がむくむ事が増えてきた

⑤しっかり睡眠をとっても、翌朝疲れが抜けなくなった

1つでもあてはまった人は、
『ゴースト血管』の可能性があります。

数が多くなるほど、
ゴースト化がヒドくなっている可能性があります。

■見た目編

足の内側の“くるぶしの下”を見ます!
ws000001

この部分は、皮膚が薄い為、
血管の状態が分かるといいます。

<毛細血管が正常な人>
※太くて青い血管が並んで見えます
ws000002

<毛細血管がゴースト化している人>
※太くて青い血管のまわりに、赤紫の細い血管が浮き上がっています
ws000003

※この細い血管は、未完成のままになってしまった血管で、
毛細血管がゴースト化している人に多く見られます

青い血管のまわりに、赤紫の細い血管が見えたら、
体に毛細血管のゴースト化が起きているサインです!
注意しましょう!

『毛細血管のゴースト化』が起こる3大原因!

毛細血管がゴースト化するのには、
大きく3つの原因があるといいます!

①「運動不足」

体をしっかりと動かすためには、
毛細血管を通じて、筋肉の隅々まで栄養を届ける必要があります。

しかし、体を動かさないでいると、
体が栄養を届ける必要がないと判断し、
毛細血管が減ってしまうのです。

②「太り過ぎ」

太り過ぎで付いてしまう脂肪は、
本来、体に必要のないものですが、
毛細血管はその脂肪にも伸びてしまいます。

しかし、心臓から全身に送られる血液の量は一定である為、
余分な脂肪にまで血液が回ってしまい、
毛細血管まで十分な血液が届かなくなってしまいます。

すると、ゴースト化が起こってしまうのです。

③「食べ過ぎ」

たとえ太っていなくても、
常に食べ過ぎの人は、毛細血管がゴースト化
してしまう危険性が高いといいます。

食べ物を摂取すると、
それを消化吸収するため、一時的に、
胃や腸に血液が集中します。

そのため、暴飲暴食をしたり、
常に間食をしている人は、
慢性的に胃や腸に血流が集中してしまい、
その分、末端の血流が滞ってしまうため、
毛細血管がダメージを受けやすいのです。

『ゴースト血管』の予防&改善方法!

老化・肩こり・冷え症・危険な病気など、
様々なトラブルを引き起こす、「ゴースト血管」!

そんな「ゴースト血管」を
予防&改善する食材は、『ヒハツ』です!

ws000004

『ヒハツ』とは、
コショウ科の香辛料(スパイス)です!

沖縄で古くから親しまれ、ソーキそば等に使われる
「島コショウ・ロングペッパー」と呼ばれる
香辛料(スパイス)は、『ヒハツ』や同属別種のヒハツモドキを
原料に作られたものです。

『ヒハツ』を粉末にしたものを、
コショウの代わりに香辛料(スパイス)として、
料理に使うのがオススメです。

肉にまぶして下味を付けたり、
麺類やスープなど、普段のコショウの代わりに
様々な料理にちょい足しするだけで、
美味しく簡単に、「ゴースト血管」を改善できます!

スポンサーリンク

『ヒハツ』の摂取量!

『ヒハツ』の摂取量の目安は、
1日、小さじ半分(約1g)でOKです!

ws000005

最大で、1日小さじ1杯(約2g)以内が良いとの事!

※色々な食べ方で、ちょっとずつ摂る、
続けて摂る事が重要です

※ヒハツの粉末をそのまま舐めると、
ウコンの香りがして少しクセがありますが、
料理に入れるとクセもなく、スパイシーで美味しくなります

まとめ

『毛細血管』のゴースト化改善で、
10歳若返り!

11月7日のテレビ東京「主治医が見つかる診療所」では、
10歳若返るぞプロジェクトで、
『毛細血管』について放送されていましたので、

大桃美代子さんも挑戦!
・毛細血管チェック方法
・毛細血管のゴースト化
・毛細血管の改善食材「ヒハツ」
について、まとめてみました!

『毛細血管』のゴースト化改善のために、
スパイス「ヒハツ」をぜひ日常の食生活に
取り入れたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする