【林先生が驚く初耳学】目のクマ改善!青クマ・茶クマ・黒クマの原因と対処方法!ムンクの顔体操のやり方!

シェアする

『目の下のクマ』!

老けてみられるため、
女性には悩みのタネですが、
実は、目の下のクマには
3種類あることをご存知ですか?


5月1日の「林先生が驚く初耳学」で、
3種類のクマ『青クマ』、『茶クマ』、『黒クマ』の
原因とそれぞれの改善の対処方法が、放送されていましたので、
ご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

目の下の『クマ』には3種類ある!

『目の下のクマ』!

目元は人から一番みられる場所なので、
クマは老けてみられる原因の一つです!

女性には本当に悩みのタネですよね。


今回の「林先生が驚く初耳学」では、
実は、『目の下のクマ』には、
3種類のクマ『青クマ』、『茶クマ』、『黒クマ』があり、
それぞれの原因と改善の対処方法が紹介されていました!

目の下のクマ1

『青クマ』の原因について

『青クマ』は、
寝不足などからくる目の疲れが原因です。

目の下のクマ10

目の下の血管が血行不良になりうっ血、
青白く血管が浮き出ることから、
『青クマ』と言われています。

『青クマ』改善の対処法

一般的な目の下のクマの対処法としては、
ホットタオルで目の周りを温めるという方法があります。


『青クマ』を改善するためのより効果的な方法として、
今回、「林先生が驚く初耳学」で紹介されていた方法は、

『温めたタオルと冷たいタオルを交互に
1分×5セット合計10分のせる』

目の下のクマ3
目の下のクマ4


という、血行をよくするための「温冷ケア」方法です。

たった10分で目の下があっという間に改善♪(↓)
目の下のクマ2

『茶グマ』の原因ついて

『茶グマ』は、色素沈着が原因で起こるクマです。

目のこすりすぎや、メイクを落とさずに
寝てしまったりすることが原因です。

目の下のクマ8

つまり『茶グマ』とは、
目のこすりすぎなどにより、皮膚が防衛反応を起こし、
皮膚の角質が厚くなり、メラニン色素が沈着した状態なのです。

『茶グマ』改善の対処法

『茶グマ』の対処方法は、
『肌の代謝を進めるビタミンC誘導体配合の
化粧水や乳液を使用し、あまり目をこすらないこと』が効果的です。

スポンサーリンク

『黒クマ』の原因ついて

『黒クマ』は、たるみグマとも呼ばれるクマで、
目の下の脂肪がたるみ、影ができて黒くみえる状態のことです。
目の下のクマ9

つまり『黒クマ』とは、
加齢などにより皮膚のハリがなくなり、
皮膚の薄い目の下に脂肪が溜まることが原因です。

『黒クマ』改善の対処法

『黒クマ』の対処方法として、自宅でできる簡単なケアは、
頭皮のマッサージです。

全体的に血行を良くしながら、
上に引き上げていく様なマッサージをします。

目の下のクマ5
目の下のクマ6

肌にハリを取り戻すことで、
目の下のたるみを解消でき、
その結果、『黒クマ』を消すことが出来ます。

『黒クマ』解消の体操「ムンクの顔体操」方法!

他にも、『黒クマ』を解消するための効果的な方法として、
「ムンクの顔体操」が紹介されました。


①口を「お」の形にし、顔を上下に伸ばす
※鼻の下をしっかりと伸ばすことが大事です。
目の下のクマ12


②そのまま目線だけを上に上げる
目の下のクマ16

③目を細める→戻すを4~5回繰り返す
※まぶしいものを見るように目を細めて、
目に力をいれて、目の筋肉を収縮させましょう。
目の下のクマ14


④目を閉じてリラックス
目の下のクマ15


※①~④を1日3回行いましょう!

『黒クマ』を薄くするのに効果があるそうです。

まとめ

5月1日の「林先生が驚く初耳学」で、
『目の下のクマ』には、3種類のクマがあり、
それぞれの原因と改善の対処方法が、
放送されていましたので、ご紹介しました♪


『青クマ』、『茶クマ』、『黒クマ』という、
それぞれの違いと対処方法、
とっても参考になりました♪


「ムンクの顔体操」も、変顔体操みたいで、
ちょっと面白かったですね。


自分のクマのタイプにあった、
正しい対処法で、キレイを目指したいですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする